西野さんの新刊「新世界」を
読ませてもらいました。

>>新世界の無料公開はコチラ

全ては西野さんのあとがきに
書かれている最後のこれらに
集約されていると思います。

明日は今日よりも半歩だけ前に進めるといいね。
いつかキミが震えるほどの感動に出会えますように

個人的な感想はお金を稼ぐ為にも
大切な人たちを守る為にも

信用と信頼の積み重ねが
今は特に重視されている
時代に突入しているから

日頃から頭に汗をかいて
失敗を怖れずに

自分のユニークネスさを打ち出して
世の中に提示していこうねという感じ

どちらかというと信用よりも
信頼の方を溜めていくことに
投資をしようということ

なぜなら・・・

信用はたとえ相手の事が嫌いでも
仮に同じ職場で働いているとして

相手が求めていること以上の事を
しっかりとやっていけば
信用は勝ち取れます。

ただ、信頼となると話は別で
理由を問わずにキミが言うのなら
分かったと言ってもらえること

西野さんが伝えたいことは
理想は信用以上の信頼だと思う

そして西野さんのスゴイ所って
メタファーの部分だと
個人的に思う。

日本人の思考ってシンプルに
考えて行動を起こすよりも

色々と難しく考え過ぎて
複雑化させてしまい結果
行動を起こせなく事が
非常に多いので

そうなってはいけない
あなたにはあなたの良さがあるから
しっかり考えてまずは行動しようよ

そしたら必ず目の前の世界は
少しずつ変わっていくから
僕がそうだからという事を

今の時代に合せて分かりやすく
伝えてくれている人だと思います。

文章だって固く書こうとすれば
いくらでも書けるスキルは
持っているはずなのに

西野さんとハイコンテクスト感で
やりとりをしているのではなく

あえてローコンテクストで
コミュニケーションをとって
会話をしている感じがします。

僕は本の素晴らしさって
ココにあると思うのです。

一般人の僕たちはTVの世界で
活躍する著名人に会いたいと
心から願っても

ジャンルは違えど
そのステージに行かないと
会う事は出来ないけど、

本だったら会える訳です。

その人が普段から何を考えて
何を目指して生きているのか?
本だったらそこに触れられる。

僕はこの本の素晴らしさを
松下幸之助さんから教わった。

自分が尊敬している人
いつも共感出来て好きな人に
本を通じて会う事が出来る。

だからこそ僕たち日本人は
もっと本を読んだ方がいいと思う

歴史を知ることはもちろんだけど
今までの自分にはなかった

新しい考え方、受け取り方
捉え方が手に入るから・・

たったそれだけが自分の中に
インプットされていくと

今、あなたの目の前に写る世界は
一瞬で変える事が出来るのです。

本にはその力があるし
西野さんが描こうとしている世界も
それを象徴していると思う。

この記事を書き終えて・・・

今は西野さんが言う通り
SNSを使えば誰もが
自分のアイディアや信念を
発信できる時代でもあります。

ただ、1つだけ注意が必要

もしも発信できる媒体(メディア)に
人が集まらなくなった時

つまり、そのメディアを
人が利用しなくなった時
あなたはどうしますか?

facebookも、twitterも
LINEも人が集まって
利用している時はいい

だけど利用しなくなったら
どこであなたの発信を
目にしないといけない?

つまり、自分の世界を
生み出していく為には

自分で集客する術が必要だし
常に発信が出来る為のリストの
確保が重要になっていきます。