不機嫌ハラスメントはどう対応すべきか?

通称「フキハラ」とも呼ばれている
昔からある不機嫌からのパワハラです。

日常なら夫嫁同士、親子、親族関係、
仕事なら上司、同僚、後輩などなど・・・

何だかよく分からないけど、
ちょっとした事であの人って、

直ぐ機嫌が悪くなる感じがするんだけど、
自分が何かしたのだろうか?

もうこういう風に周りを思わせる所から
フキハラをする人は損をしています。

なぜなら、不機嫌な状態で自分の意見や
主張を述べたとしても、

相手には不機嫌な事しか伝わりませんし
残らないからです。

フキハラとは?

不機嫌から物に八つ当たりをしたり、
相手に対する態度、罵声や暴言を吐く事で
人に八つ当たりをするパワハラです。

自分自身が認められないと焦ったり、
完璧主義な傾向にある方や、

自分の意見が通らなかったり、
ほんの些細な事が許せなかったりで、
自分軸で不機嫌になってしまう傾向にあります。

なので、周りからすると・・・
〇〇さんのどこがトリガー(引き金)なのか?
良く分からないと思われてしまう事も多いです。

フキハラを平気でする方の特徴とは?

基本は素直じゃない方に多い傾向があります。

自分に原因があるにも関わらず、
不機嫌になる理由そのものを、

相手や環境のせいにしがちです。

常に環境や人のせいにする事しか出来ない人は、
倫理観や道徳観の基準が非常に低いので、

不機嫌な人とコミュニケーションを行う上では、
同じ目線や立場になってあげる事も大切ですが、

精神レベルを同じにしてまで対応する必要はありません。

自分の器で不機嫌の方とは会話じゃなく対話

精神レベルまで同じにすると、相手に対して、
あなた自身の機嫌が悪くなってしまいますし、
会話が対話に変わっていきません。

相手に気づきを与えられる様に
少しずつ承認をしながら、

対話になる様に導いていく必要があります。

例えば・・・

その気持ちも分かるけど、こういう風に考えると
ちょっと受け取り方も変わるかもしれないよ?

その時、相手も忙しかったかもしれないから
誤解をしてしまったのかもしれないね。

関係性が近い方ほど、自分軸だと分かった上で
別の考え方や受け取り方があるという事を
導いていくしかありません。

性格は変えられなくても
考え方は変えられるのです。

もちろん、自分一人の空間の中でイライラして、
不機嫌になってもらうなら別に構わないのですが、

社会の中で関わっていく存在である以上、
不機嫌になる出来事があっても、

自分自身の捉え方をコントロール出来ないと、
人とのトラブルは多くなっていくばかりでよね?

つまり、不機嫌になりやすい人だけではなく、
僕たちは、自分の人生経験だけでは限界があり、
常に学ばないといけないということ

そして、そのキッカケを与えてくれた相手に
感謝できる器を育てていく事が大切です。

フキハラが当たり前の人は
人が離れていく事を知っておく

不機嫌になりやすい人は、自分軸で物事を考える
相手や環境のせいにしやすいだけではなく、
理想やプライドも高いので、

それすらを認める心が育っていないせいで、
人が離れた事を自分にも原因があったと思えず、
裏切られたと思う人も多いのですが・・・

自然と疎遠になっていったのならまだしも、
自分がフキハラを続けた事によって、

自分の人生にとって大切な人が、自然にではなく、
必然的に離れようと決意をされた時に気づいても、
時すでに遅しとなってしまいかねません。

フキハラから起こる因果応報は大きい

フキハラが強い方は、常に周りに気を使わせたり、
何かある度に相手から機嫌を取ってもらわないと、
昔から落ちつけなかったりします。

自分の機嫌は自分で取らないといけません。

要は、認められたいという承認欲求を
うまくコントロール出来ていないんですね。

本来であれば、相手からの承認を得る為にも、
まずは、ありのままの自分を認める心が必要なのですが、
これがそう簡単に出来ないのです。

自分自身が傷つきたくないからこそでもあります。

ただ、だからと言ってフキハラが当たり前になったら、
本当に大切な所に気づけないので、

先程お伝えした通り、その人に関わってくれる人たちも、
神様ではありませんから、

嫌悪感を抱く事が増えてしまえば、
当然ながら限界が来ます。

これが途中でお伝えした様に、
必然的に人が離れていきます。

結局は、あの人はいつも不機嫌と思う人や
思わせてしまう人が増えていくだけ、
少しずつ孤立していきますし、

必ずどこかで自分が人のせいにしてきた
不機嫌から生み出してしまった因果そのものを、
受け容れないといけない日が来ます。

不機嫌な人への対応はどうすればいい?

まず、自分が身に覚えがない事で
相手が不機嫌だったら、

あえて、何かあったのか?を聞いてあげること
更に、自分に原因があるのかを聞いてあげること

つまり、対応する時のあなたは一時的に、
嫌な気持ちになるかもしれませんが、
自分の器の広さが試されている時です。

同じレベルに合せても会話になりませんし、
対話になる様に冷静に笑顔で対応しましょう!

※対話とは?どうすれば不機嫌から解放されて
冷静になって物事と向き合い、

これからどうすべきかを考えられるかどうかです。

もちろん、本来であればほっとけばいいんです。

そもそも自分の機嫌を自分で取れない人は、
自分自身の承認欲求が満たされていない所から
思い込みを増幅させて、

自分勝手にイライラしていくので・・・

なので、相手の課題であって
あなたの課題じゃありません。

そういう人と同じレベルに合せてまで
基本的に付き合わなくていいのです。

付き合わなくてもいいのですが、
仕事や夫婦の場合はそうはいきませんからね。

だからこそ、自分の対応力を魅せる事で
相手に気づきを与える事が重要になります。