人生の主語を変えること

僕たちが生きる人生において
仕事やプライベートで何か起きると

人生の主語を自分から相手に変えて
あなたが悪いから自分はこうなった
どうしてくれるのよ?となりがちです(汗)

全てがこれに当てはまる訳ではありませんが
日常的に起こりやすい出来事に対して

相手を主語にして相手が悪いとなると
自分の成長が止まります。

主語には自分軸と相手軸の2軸があります。

この場合の自分軸は自己中心的な考え方
相手軸の場合は相手の立場になって考えること

ただ、人生自体の主語を相手にしていると
根元の原因は常に自分にある事に気づけません。
だからこそ人生の主語を自分にする必要があります。

例えば・・

自分の伝え方・言い方が良くなかったのかな?と
先に自分が考えられる様にしたり、

ごめんね~自分が先にこうしておけば
良かったね~と先に相手に伝えてあげれば
相手から見たあなたの印象は大きく変わります。

自分の方が悪かったかもしれないのに
この人はなんて素晴らしい方なんだって♪

自分の魅力が高まっていくと
いつも以上にコミュニケーションが
円滑に回る様になるし相手を許す為の
器も必然的に広がっていきます。

また常にこういう日が起きない様に・・・ではなく
何かが起きて当たり前という心構えで日々と向き合うと
更に自分の人間力は高まっていきます。

今度は逆の発想で人生の主語を自分から
相手のままにして自分の力に変えていきます。

自分の為にという私利私欲が悪いのではなく
自分の為にだけ頑張っていくのは難しいのです。

自分の為だけだったらセーブをかけるのも
言い訳を作るのも、やる・やらないも全てが
自分の責任として自由に完結する事が出来ます。

ただ、この人生の主語を自分にしたまま
相手の為に・・・で行動をしていくと、
僕たちは誰かの為にいつも以上に頑張る事が
誰でも出来ちゃいます。

相手の笑顔や喜んでいる姿を見ると
僕たちは嬉しくなりますよね?

僕たちは自己貢献感の生き物です。
これは心理学としてもちゃんとありまして、

僕たち人間は人の役に立つ事はもちろんのこと
自分なりに社会貢献していく事で自分という
存在を確認しようとする習性があります。

ただ自分には取り柄がないから・・と
ここをネガティブに考える必要は全くなくて

自分が存在しているだけで
誰かを幸せにしている事に
何も変わりはありません。

周りにそういう人がいないと言う方も
たまにいらっしゃいますが(汗)

そうではなく自分の存在があるだけで
先祖さんが繋いでくれた命を幸せにしながら
そして豊かにしているんですね。

ここは著書・覚悟の準備の方でお伝えした通りです。

なので、もっと先祖さんが喜んでもらう為にも
目の前の出来事に対して自分なりでいいから
真摯に向き合っていく事を目指す事からです!

直ぐに出来なくても構いません。

大切なのは今の自分が出来る事からです。
そして目指していく事ですからね!

音声で聞きたい方はコチラ