忘れたくても忘れられない

今日はブログからのお問合せで、
忘れたいのに忘れられない事があり、

これがトラウマとして残っている場合は、
どうしたらいいですか?という相談です。

誰でも忘れたいのに、忘れられない事が
大なり、小なりありますよね?

だからこそ、出来る事なら忘れたいと
思う事は当たり前だと思います。

ただ、忘れたいのに忘れられないという事は、
忘れてはいけない事でもあるとも言えます。

忘れてはいけない事かもしれないという考え方

つまり、自分がこれから生きていく上で、
忘れたいのに忘れられない事までを背負って、

同じ経験を二度としない為にも、
あえて背負って生きていきなさい
という事かもしれません。

ご相談をくださった方と同じ様に、
僕にも忘れたい事があります。

でも、何年経っても、何十年経っても、
大きな出来事ほど忘れる事はありません。

だからこそ、忘れてはいけない事として捉え、
同じ事を繰り返さない様に、

そして、自分が大切にしたい誰かが
同じ経験をして、辛い思いをしない為にも、

あえて、僕たちは忘れられないのかもしれません。

忘れらない事は、自分の未来を良くする為にも
忘れてはいけないことだと思います。

きっと、その時以上の出来事に遭遇した時。
忘れられない経験があったからこそ、
助けてもらったからこそと・・・

色んな事を思い出して、乗り越える為の力に
変えられるかもしれません。

いつも時間は僕たちの味方です。

時間と共に成長もしていきますし、

時間と共に傷が癒える事もあります。

ただ、ここには1人で修復させる事と
他力のお陰で修復出来る事なども含め、

色んな思いやりや厳しさが交差して
1つ1つが成り立っていきます。

誰1人としてひとりで生きてきた人はいませんが、
他人が踏み込めない領域が存在します。

助けたくても助けられない時があります。

だからこそ、地に足を付けて自分の名前で生きれる
この強さと柔軟さが、今は特に必要な時代です。

流れに身を委ねながらで見える景色と、
もがきながら辿り着いて見える景色は、

見えるものは同じでも、
感じ方は別物です。

富士山にどう登ろうとするのかも
同じだと思いますし、貯金だって同じです。

そして信用も、信頼も同じです。

どういう積み重ねをしながら生きてきたかで、
人の器や人徳が大きく変わると思います。

自分はどれだけ信用残高があるのか?
最後に1番大切なのはお金がある・ないよりも、

いざという時の信用残高があるのか、
ないのかの方が、僕は大切だと思います。

その為に忘れてはいけない事なのかもしれませんよ。